FAXDMを活用した営業・集客方法〜士業・個人事業主向け

FAXDMを送信するには

【FAXDMを送信するには】

FAXDM実践研究会

FAXDMを送信する方法には、自社で送信環境を整えて送信する方法と業者に依頼する方法があります。
FAXDMを送信する事前準備として、FAX番号およびFAXDM文面が必要となります。
業者に依頼する場合には、有料となりますがFAX番号のレンタルおよびFAXDM文面代行してくれるサービスがあります。

 

最初は自社で行ないましょう

FAXDMを自社で行う場合には環境構築にあたり多少の初期投資が必要となりますが、費用対効果を考えたら直ぐにペイできる金額かと考えます。
まずは自社でFAXDMというものを経験して、反応率や費用対効果などを充分に理解することをお勧めします。
FAXDMを十分に理解できたと思えるようになったら、優良なFAXDM業者を見つけ出してアウトソースしましょう。
なぜ最初からアウトソースしないかというと、取り扱う商品・サービスやターゲットとする顧客によりFAXDMによる反応が全く異なるため、自身でFAXDMを経験していないとアウトソースするにもFAXDM業者にどのようなことを要望していいか分かりません。
FAXDM業者は、あなたが取り扱う商品・サービス及びそのターゲット顧客についての情報はたいして持っていないことでしょう。
そのような状況でFAXDMを送信しても、効率の良い反応を得ることができないと考えます。
自社でFAXDMの経験を積んで、どのような顧客を対象とするのか、FAXDMを送信する時間帯はいつが良いのかなどテストマーケティングを繰り返すことにより貴重なデータと情報を得ることができるのです。

 

当方にもFAXDMのセールスの電話がよく掛かってきます。
通常はお互いに時間の無駄なので直ぐにお断りして電話を切るのですが、情報を得るつもりで話を聞いてみました。
そしてこちらから多くの質問を投げかけましたが、まともな回答は一つもありませんでした。
当たり前のことですが、その方は単なる営業担当の方でFAXDMを行った経験がなく知識がないのでしょう。
FAXDM業者の中には、契約欲しさに反応率の数値を誇大にするところや、送信エラーの数を水増しすることころ、送信結果データを改ざんする業者などがあると聞いたことがあります。
ほとんどの業者はそのようなことはないのでしょうが、自社でFAXDMを経験していればこのような業者に引っかかることはないでしょう。

 

このように自社でFAXDMを経験することにより得る情報は大変貴重なものとなるので、まずはFAXDMを自社で行い十分理解してもらいたいのです。

FAXDMを送信するには関連ページ

なぜFAXDMなのか
取り扱う商品・サービスを販売する方法には様々なものがあります。 飛び込み営業、テレビCM、新聞広告、ダイレクトメール、チラシ、電話セールス、Eメール、ホームページなど、他にもたくさんの方法があります。 数ある販売方法のうち、法人をターゲットにした営業方法として最適なものと考えるのがFAXDMです。FAXDMは1枚のセールス文書FAXを法人先に送信することにより営業を仕掛けるものです。
FAXDMに向いている仕事とは
FAXDMは事業を行なっている全ての方に向いているセールスツールではありません。 営業対象客が個人の場合などはFAXDMによるセールスは不向きと考えます。では、どのような仕事をしている方が向いているのでしょうか?
FAXDM以外の集客方法
お客様を集める方法はFAXDM以外にもたくさんあります。 ポイントは、自社にて取り扱う商品・サービスの適した集客方法を見つけ出すことです。 効率よく面倒のない方法で集客したいものです。